FXの魅力とは?

FXの魅力とは?

少ない資金から始められる

外貨を扱う金融商品である外貨預金や外貨MMFでは、投資金額と元金は等しい関係でした。
100万円の元手ならば100万円分の投資しか行うことができません。
しかし、FXは実際の投資金額のわずか数%を証拠金としてFX業者に差し入れるだけで、その証拠金の数倍から数十倍までの外貨取引を行うことができます。これこそFX最大の魅力といえるでしょう。

レバレッジとは、英語の梃子の力のことで、元となる資金が10万円の時、レバレッジ10倍ならば100万円。
レバレッジ25倍ならば250万円分の取引を行うことができます。
レバレッジはその倍数分だけ取引をしなければならない訳ではもちろんありません。実態としてのレバレッジは投資をする個人自身で調整していきます。
レバレッジ25倍のFX口座に100万円を差し入れて、100万円分の取引しかしなかったならば、レバレッジは1倍です。レバレッジとは元の投資資金以上の取引を行うことが望めばできる仕組みといえます。

 

取引自由度の高さ

ドル建ての1万ドルの外貨預金をしていたとしましょう。
当時1ドル=120円でしたので、120万円を投資しました。しかし、いま円高ドル安が進み、1ドル=100円となりました。
1万ドルの外貨預金は日本円にすると100万円にしかなりません。いくらかの利子がついたものの、損失が発生してしまいます。

このように外貨預金や外貨MMFでは円安ドル高の場合は為替変動による利益が生まれますが、円高ドル安となってしまうと期待している利子以上の損失が発生してしまう可能性があります。

しかし、FXは証拠金に基づく差金決済の商品です。常に外貨を買って円を売るところからスタートする必要はありません。将来、円安ドル高が進むと考えたらならば、円を売ってドルを買い、ドル高になったときにドルを売って円を買い戻します。
逆に円高ドル安が進むと考えたならば、円を買ってドルを売り、円高となったときにドルを買って円を売ります。

つまり、常に買うことから始めなければならないとしたら、なかなか取引のタイミングがありませんが、円高でも円安でも、市場トレンドにあわせて取引を行うことができます。

TTS(対顧客電信売り相場)は、日本円を外貨に替える時のレート(顧客から見た場合は買値)をいい、TTB(対顧客電信買い相場)は、外貨を円に替える時のレート(顧客から見た場合は売値)のことで、各銀行が公示する仲値(TTM)を基準にして決定されます。

儲けがでる方法はとてもシンプルです。
・安く買って、高く売る
・高く売って、安く買い戻す

 

24時間参加できる

24時間参加できるすでに株式取引をされている方ならば、「日中は仕事があるから株式取引をしている時間がない…仕事が終わったあとの夜間に取引できたなら」と感じている方も少なくないでしょう。
東証・JASDAQなど日本の株式市場は、前場9:00~11:30、後場12:30~15:00の間取引を行うことができます。
証券会社への注文は時間外でも受け付けていることが多いですが、値動きを見据えた取引となると市場が開いていないため不可能です。

一方、外国為替は、世界の通貨取引ですので、地球のどこかでビジネスアワーがある限り開いている市場です。つまり24時間好きな時間に取引を行うことができます。
一日のお仕事を終えて帰宅。夕食後のひとときや就寝前の時間にでも取引に参加することができます。
もうこんな夜更けと、夜22時頃に外国為替市場を覗いてみたとしましょう。ちょうどその時間は、ヨーロッパとアメリカの市場が盛んに取引をしている、一日の中でも活気のある時間帯です。
EUはじめヨーロッパ諸国、アメリカの政府や中央銀行が発表する経済指標もこの時間帯に公表されます。
まさにFXの醍醐味を感じられる時間といえるでしょう。

 

取引コストが圧倒的に安い

外貨預金、外貨MMF、加えて株式投資や投資信託と比べて、FXは取引コストの面で非常に魅力的です。
FXの取引コストは、「売買手数料」と「スプレッド」、そして「スワップ」が基本の三つです。

売買手数料は、取引一回につき発生する手数料。片道1回につき1000円程度から無料の企業があります。
スプレッドはFX業者が提示する売値と買値の差を指し、その差は為替ペア、FX業者によって変わります。
スワップは取引する二つの通貨の金利差を指し、一般的に金利の低い国の通貨を売って、金利の高い国の通貨を買うとその金利差に応じたスワップポイントを日割りで得ることができます。

従って、金利の高い国の通貨を売って、金利の低い国の通貨を買った場合はその金利差に相当するスワップポイントを支払わなければなりません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ