どうやって利益を捻出するのか?

 

どうやって利益を捻出するのか?
FXで利益を出す方法(儲ける方法)には、3種類あります。
次の3つです。

  • 買い注文
  • 売り注文
  • スワップ金利

 

買い注文って何?

おそらく一番解りやすいのが、「買い注文」だと思います。

FXって何?の中で、2国間の通貨交換の説明をしました。
日本円と米ドルで考えると、「買い注文」とは米ドルを買うことです。
同時に、日本円を売ることになります。

お金を売って、お金を買う!

なんか変な感じがしますが、これが2国間の通貨交換です。

ドルの価値が上がり、ドル高/円安になれば、その分利益になります。
1ドル=100円 が 1ドル=101円 になれば、その差1円が儲けになります!

 

売り注文って何?

売り注文って何?

「売り注文」の場合には、「買い注文」の逆です。
同じく米ドル円で考えると、米ドルを売って、日本円を買うことになります。

米ドルを売る?

持っていない米ドルを売るってどういうこと?と、思いますよね。
ここが少し難しいのですが、「米ドルを売る権利を買う」ということになります。

「売り注文」からトレードを始めても、「買い注文」を出して決済して利益を確定しますよね。
決済した時の通貨の差で利益が決まります。

米ドルは持っていないないけど、あることにして一旦、売って、買って精算して利益を確定させる。

すごくややこしいですよね。

簡単に言うと、上がると思ったら「買い注文」
下がると思ったら、「売り注文」

チャートをみて、上昇するか下降するかの判断が一番わかりやすいです。
これでOKです!

「買い注文」「売り注文」は、為替変動で儲ける方法です。
文章で説明すると、複雑な感じがするのですが、FX会社のチャートで見た場合、買いのときにはチャートが上昇すれば利益が出る!
売りの時にはチャートが下落すれば利益が出る!
と、考えてもらえば大丈夫です!

 

スワップで利益を出す方法

これはトレードする2国間の金利差で利益を出す方法です。

例えば、日本の金利が1%、アメリカの金利が5%だとします。
(もちろん、説明のための仮の金利です。日本の金利が1%もあればいいのですがっ)

この金利差がスワップ金利ということです。
この場合の金利差は、4%ですよね。

アメリカ(5%) - 日本(1%) = 4%

この時に、米ドル/円の「買い」なら、4%の金利がもらえます。
逆に米ドル/円の「売り」なら、4%の金利を支払うことになります。

日本はずっと超低金利政策なので、外国より金利が低い状況です。
だいたい外貨を買えばスワップ金利がつきます。

オーストラリアドルやニュージーランドドルが高金利で日本円との金利差が大きいので、スワップ派にはすごく人気高い通貨です。

スワップ金利は、毎日コツコツと積みあがっていく預金のような感じですが、実際にスワップ金利目的でトレードをしてみると積み重なった金利よりも為替変動による損失が大きくなってしまうことがよくあります。

1年間コツコツ積み上げた金利が、1週間でマイナスになってしまった!ということもあるそうです。
それだけ、価格変動の影響は大きいので!

また、時間が掛かるのが難点です。

私の考えでは、スワップ金利ははあまり気にせずに、
「買い」と「売り」のトレードで利益を出す方が簡単だと思います。

このサイトでは、「買い」と「売り」トレードを中心に話を進めていますので、ご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ