店頭取引と取引所取引の違い

 

店頭取引と取引所取引の違い
「FX取引」には大きく分けて「店頭取引」と「取引所取引」の2つがあります。

 

店頭取引とは

店頭取引とは、FX業者と私たち投資家が直接取引をすることになります。
このサイトで紹介しているFX業者は、すべて店頭取引(店頭FX)です。

まず最初に気になるのがコスト面ではないでしょうか。
店頭取引の場合、ほとんど取引手数料が無料になっています。
取引所取引よりも、いろいろなコストを考えても全体的にコストが安い傾向にあります。

また、店頭取引の価格はFX会社が価格を設定します。
この価格とは、売値(Bid)と買値(Ask)のことです。

売値(Bid)と買値(Ask)の差額のことをスプレッドといいますが、 この売値、買値はそれぞれFX業者が自由に設定していて、 この価格差がFX会社の利益になります。

各会社の利益設定を自社で決めるのは当然だと思います。
スプレッドは小さければ小さいほどお得になり、 スプレッドを小さく設定しているFX業者はおすすめの業者です。

他にも、店頭取引では、レバレッジや取扱い通貨、売買単位、 スワップポイント、投資ツールなどは、取引のルールが取引所FXよりも自由度が高いため、 FX業者ごとに違いがあり、各FX業者で特色あるサービスを打ち出しています。

 

 

取引所取引とは

取引所取引は、FX業者が仲介をして実際の取引は取引所で行われる取引のことです。

コストの面は、取引所がFX業者から手数料を徴収しているため、 そのコスト負担が投資家に降りかかってきます。
必ず手数料がかかり、総じてコストが高くなる傾向にあります。

また、店頭取引では、FX会社が個別に価格を設定しているのに対し、 取引所取引では、外国為替市場における世界有数の複数の金融機関から価格の提供を受け、 その価格の中から最も安い売り価格(売値)と最も高い買い価格(買値)を抽出し、リアルタイムで提供しています。

そのため、投資家にとって一番有利な取引レートで取引できます。
このシステムは、「マーケットメイク制度」と呼ばれています。

2種類の通貨の金利差相当額であるスワップポイントも 受取るスワップと支払うスワップが同額に一本化されています。

店頭取引では、同じレートで買いと売りを同時にトレードした場合、受取るスワップポイントより支払うスワップポイントのほうが大きくなってしまいます。

店頭取引は公平なのです!

投資家の預ける証拠金は、取引所に全額預託されるので、 FX業者に万が一のことがあっても投資家の資産はしっかり守られることになります。

店頭取引 取引所取引
手数料 ほとんんどのFX会社で無料 必要
スプレッド FX会社により異なる マーケットメイク制度
スワップ金利 買いスワップと売りスワップの間には差額あり 買いスワップと売りスワップは同額
取扱通貨数 FX会社により異なる 26通貨ペア
レバレッジ FX会社により異なる 「レバレッジ10」「レバレッジ25」から選択
資産管理 信託銀行へ全額預託 東京金融取引所へ全額預託

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ