様々な外国為替取引

 

様々な外国為替取引
世界中の金融機関、機関投資家、一般企業、そして個人投資家といった様々な投資主体がそれぞれに目的や理由によって取引を行っているのが外国為替取引です。こうした取引は大きく分けて4つに分類することができます。

 

資本取引

ニュースでよく耳にする貿易を例に考えてみましょう。
日本のメーカーが海外で製品を販売した際、その代金が外貨で支払われると最終的に日本円にする必要があります。また、その製品を製造する際に必要な各種材料を仕入れるために世界各国の産地から調達します。その材料費は日本円を売って外貨で支払われます。

こうした経済活動を通して発生する取引を経常取引といいます。
経常取引にはこのほかに、運輸や海外旅行などを通して発生する取引も含まれます。
多くの企業が決算期を迎える3月に業績確定のために、外貨を売って、円を買うことや大型連休でたくさんの人が渡航先で必要な外貨を両替したり、お土産物を買ったりすることが、少なからず外国為替取引に影響を及ぼします。
これら経常取引の多くは規則性があったり、継続的であることが多いと考えられます。

 

経常取引

国外の株式や債券の取引も外国為替取引に影響を及ぼします。
具体的な製品やサービスはありませんが、堅調な家賃収入が見込めそうな不動産物件に海外投資家が参入したり、国外の魅力的な投資信託に申し込みが増えたりといった要因から行われる取引を指します。
資本の投下先である国の景気や経済動向によって喚起され、一定期間続くことが多いのが特徴です。

 

投機取引

日々行われる取引の多くを占めています。
私たち個人の投資家もはじめ、利ざやを求めて取引を行う金融機関や機関投資家がその担い手です。
比較的短期に売買を行うため、短期的なトレンドに影響を及ぼします。
近年の外国為替市場の取引高を押し上げているのもこうした投機取引、個人の投資家の参加によるものが大きいといえます。

 

公的取引

政府や中央銀行による外国為替市場への取引参加を指します。
日本の例ですと、輸出を大きな柱とする日本経済において急激な円高は企業にダメージを与えます。
良質で手頃な価格をアピールしていた製品がある日良質だけど相応に高いとなってしまっては顧客を逃がしてしまう可能性が増えてしまいます。

これを保護するために「市場介入」を行います。
単独で市場への介入を行うこともあれば、関連諸国で協調して介入することもあります。
政府や中央銀行が行いますので、市場への影響度は非常に大きく、市場参加者はその動向に注視しています。

実際に行動を起こさずに、可能性だけをほのめかすこともありますが、短期に大きな影響を及ぼす可能性のあるといえます。

 

 

厳選!おすすめFX会社

セントラル短資FX

スプレッド(ドル/円)スワップ(豪ドル/円)キャッシュバック最低取引単位
0.3銭30円最大25,000円1,000通貨
セントラル短資FXは、多機能取引ツールが人気のFX会社です。現在のチャート形状と似た形状を過去のチャートから探し売買シグナルを表示する「みらいチャート」や、 簡単にオリジナル売買ロジックを作成し自動売買ができる「クイックチャートトレードプラス」などが、無料で利用できます。また、口座開設者のみが閲覧出来るリアルタイム情報サイト「FXライブ!」や、業界最高水準のスワップポイントにも定評があります。1,000通貨単位(約4,000円)から取引可能なので、セントラル短資FXなら、初めての方でも気軽にFXを始めることができます。★当サイト限定で、最大25,000円キャッシュバック実施中!  

みんなのFX

スプレッド(ドル/円)スワップ(豪ドル/円)キャッシュバック最低取引単位
0.3銭30円最大50,000円1,000通貨
みんなのFXは、業界トップ水準の狭いスプレッドで、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントがお得で、ユーザーにはFXで利益を上げやすい環境が整っています。取引ツールは、パソコン用もスマホ用も高機能なのに、見やすく使いやすく設計されていて、ユーザーからも高い評価を受けています。その他にも、情報提供が充実しているのがみんなのFXの特色で、経済指標がコンパクトに記載されたイベントカレンダーや、有名トレーダー・アナリストによるセミナーなどが無料提供されており、豊富な情報が取引をバックアップしてくれます。みんなのFXは、1,000通貨単位(約4,000円)から取引ができますし、バイナリーオプションの「みんなのオプション」では、なんと50円から取引ができますので、みんなのFXではFXが初めての人でも気軽に始めることができます。★いまなら新規口座開設で、最大50,000円キャッシュバック実施中! 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ