取引スタイルに合わせられるセントラル短資FX

取引スタイルに合わせられるセントラル短資FX
~FX初心者はもちろん、上級者にもおすすめのFX会社~

<セントラル短資FXとは?>
セントラル短資FXは、創業以来100年以上の歴史を有するセントラル短資グループの一員で、その長い歴史の中で培った銀行間取引市場における経験とノウハウを最大限に活かし、FXユーザーに良質なサービスを展開しています。

その功績が信用と評価に繋がり、2007年から11 年連続で、FX専業会社で最も高い格付を取得している国内の大手FX会社です。

 

★当サイト経由の口座開設の申込で、最大25,000円キャッシュバック実施中!
≫セントラル短資FXの口座開設はこちら

 

セントラル短資FX最大のおすすめポイントは、1つの口座で様々なプラットフォームが用意されており、取引のスタイルによって好きなFXを選べるということです。プラットフォームは「FXダイレクトプラス」「セントラルミラートレーダー」「ウルトラFX」の3つです。以下、順を追ってそれぞれのサービスについて説明していきます。

 

FXダイレクトプラス~初心者向けでバランスが良い!~

3つのサービスの中で、初心者の方でも安心して、バランスよく取引が出来るのがFXダイレクトプラスです。FXダイレクトプラスの魅力は、大きく3つ。

・4,000円から始められる(※1,000通貨単位で取引可能)
・豊富な取り扱い通貨ペア(※人気の高金利通貨がある)
・いつでも・どこでも取引可能

 

まず、1,000通貨単位で取引可能ということは、初心者の方にうれしい特徴です。
1,000通貨は4,000円の資金があれば取引ができますので、少額からFXを始めてみたいという人には、FXダイレクトプラスは大きな魅力と言えます。
また、FXダイレクトプラスは、取引手数料が無料なのも嬉しいですね。

 

次に「豊富な取り扱い通貨ペア」について、ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/ドルなどのメジャー通貨ペアはもちろんのこと、全部で24の通貨ペアを取り揃えています。

通貨ペアの中には高金利で大幅なスワップポイント獲得が見込める「豪ドル/円」や「南アフリカランド/円」、さらには、高金利通貨ペアとして特に注目されている「トルコリラ/円」も取引できます。

さらに、FXダイレクトプラスでは、他社ではほとんどない、「スワップのみの引き出し」が可能なので、受け取ったスワップポイントを元手に新たに取引ができます。
スワップポイントの利益を無駄なく再投資できることを意味しますので、投資効率がとても良くなります。

このように高金利通貨ペアも豊富に用意されているので、売買差益を狙う取引だけでなく、スワップポイントを狙った取引もすることができますので、初心者のみならずFXに慣れた方や長いスパンでの運用を考えている方にも、FXダイレクトプラスは魅力的な口座です。

 

そして最後に、「いつでも・どこでも取引可能」ということについて、FXダイレクトプラスは専用アプリを使うことによって、パソコン上だけでなく、スマートフォンやipadでも利用が可能となり、24時間中好きな時に、好きな場所で取引ができます。

FXダイレクトプラスのアプリは、他社に比べて、発注がしやすいですし、チャート機能も優れていて、スマホでのトレードがメインの方や、スマホでのトレードを考えている方に、本当におすすめできる高機能なFX取引アプリです。

 
このように、FXダイレクトプラスは他社に比べて優位性が高いサービスですので、特にFX初心者の人やスワップポイントを狙った取引をする人にはとてもオススメできるサービスです。

⇒セントラル短資FXの口座開設はこちら
★当サイト限定で最大25,000円キャッシュバック実施中!

 

 

セントラルミラートレーダー~自動売買取引が無料でできる!~

セントラルミラートレーダーは、システムトレーダーによる自動売買のシステムで、自動的かつ効率よく取引を行いたい方におすすめのプラットフォームです。

ミラートレーダーはイスラエルで開発されたプラットフォームプロバイダーで、それをいち早く導入した形となっています。このプラットフォームについては5000通貨からの取引が可能なので、自動売買システム自体が初めての方でも比較的始めやすいものになっています。

大きなポイントは「豊富なストラテジ」「PCオフでも取引可能」「ストラテジ選択サポート」の3つです。

 

まず「豊富なストラテジ」について説明します。
「ストラテジ」とは「売買プログラム」のことで、このストラテジがプログラムされたルーティンに従い、自動売買を行います。自動売買においてはこのストラテジ選択が何よりも重要で、取引の成否を左右します。
セントラルミラートレーダーにおいては専門スタッフが世界中から集め、審査によって厳選した数百種類に登る優秀なストラテジを、ユーザーに提供しています。ユーザーはこれら豊富なストラテジの中から自由に選択した上で、自動売買を行うことが出来るのです。

 

次に「PCオフでも取引可能」という点について説明します。
このシステムトレーダーはセントラル短資FXのサーバーで全てが管理されています。従って、ユーザー側のパソコンの電源がオフになっていても、設定したストラテジは常に動き続けます。これによって、停電やネットの断線により取引が中断されるリスクも無く、常に売買のチャンスを逃さない運用が可能となっています。

 

最後に「ストラテジ選択サポート」について、システムトレード初心者であっても適切なストラテジが選択できるシステムが整っています。まず取引画面に「スマートフィルタ」という機能が備わっています。ストラテジの性格がグラフによって可視化されているので、取引のスタイルにあったものを簡単に検索・選択することが出来ます。
また「シストレ広場」という、スタッフブログや専門家によるコラムといった情報が集約されたコミュニティサイトが用意されており、情報収集も容易です。

更にリアルタイムな情報として、公式ツイッターでストラテジの売買シグナルの発生状況を提供しています。これにより、常に自分で情報を分析しなくてもタイムリーなストラテジの判断が可能となり、ストラテジが切り替えのタイミングを逃さないようになっています。

 

このように、セントラルミラートレーダーは、豊富で優秀なストラテジを無料で使用(自動売買)できるだけでなく、ユーザーを強力にサポートしてくれる体制が整っているので、自動売買が初めての人でも、ストラテジをあれこれ探す時間が無い人でも、容易に自動売買を始めることができます。

⇒セントラル短資FXの口座開設はこちら
(※FXダイレクトプラスの口座開設完了後、セントラルミラートレーダーも利用できます)

 

 

ウルトラFX~ハイエンドユーザー向け~

ウルトラFXは、3つのプラットフォームの中で最もハイエンドユーザー向けで、低いスプレッドと高いスピードを追求したスタイルです。

大きなポイントは「レート選択」「取引画面機能」「Uチャート」の3つです。

 

まず「レート選択」について、低スプレッドの実現のため、その時々で最良のレート(ベストビッド・ベストオファー)を、提携している金融機関が提示するものの中から選択しています。その結果、タイミングによっては売値が買値を上回り、マイナススプレッドになることもあり、「スプレッドの限界に挑戦」しているため、スキャルピング取引をするトレーダーには最高の環境と言えます。

 

次に「取引画面機能」について、様々な便利機能でバックアップされています。トレードスタイルに合わせて、パネルの表示位置などをドラッグ&ドロップで簡単にカスタマイズできるため、快適かつ迅速な操作が可能となります。レート情報の更新は最速0.1秒と高速で、かつ最新200件のニュースも表示するため、リアルタイムに動向を把握することが出来ます。

 

最後に「Uチャート」ですが、これはセントラル短資FX独自のシステムで、他のユーザーの売買ポイントが可視化され、更に経済指標やニュースが表示されるので、損切りの設定といった都度の重要な判断を助けるようになっています。

 

以上のような、トレード環境でもあり、以前は取引数量が5万通貨以上(約20万円以上の資金が必要)でしたが、より多くのユーザーに、この好環境を利用できるようにと、2017年2月から、1万通貨単位(約4万円以上の資金でOK)の取引に引き下げられ、以前の5分の1の資金量で参加できるようにハードルが下がりました。

その為、FXにある程度慣れた人には、国内のFX会社でもトップレベルのウルトラFXの環境で取引することを強くおススメします。

⇒セントラル短資FXの口座開設はこちら
(※FXダイレクトプラスの口座開設完了後、ウルトラFXも利用できます)

 

 

おわりに

セントラル短資FXは上に挙げたバックアップシステム以外にも独自のシステムを提示しています。チャートの形から今後の動向を予測する「みらいチャート」や、毎日数百本のニュースやマーケット関係の動画を配信する「FXライブ!」が人気です。

<今後の値動きを予測するみらいチャート>

 

以上の通り、セントラル短資FXは幅広いプラットフォームとバックアップ体制により、初心者にも玄人にもおすすめできる、奥の深いFX会社となっていますので、セントラル短資FXの口座を持ってみてはいかがでしょうか?

≫セントラル短資FXの口座開設はこちら
★当サイト限定で、最大25,000円キャッシュバック実施中!

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ